絶望しているの?そんな時こそ体操が、心をほぐす。

「絶望したこと?いっぱいあったよ。

受験で第一志望校、不合格。

バイトで一緒だった人に告白して、撃沈。

就職活動で、内定でない。

海外旅行で、パスポートを落とした。

思い出してみると、たくさんあるね。」

 

絶望してしまう状況は、誰でも起こります。

そんな時は、体操をして心をほぐします。

では、体操をするとは何でしょうか?

 

それは、

  • 心と体はつながっている。
  • 体の筋肉をほぐすと、心もほぐれる。

です。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

体操」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、体操について述べています。

この体操、至言である、

によって想像力が暴れまわるのを防ぎ、

絶望や激怒の症状を

一時的に停止させてしまうからである。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 67ページより引用

 

2   心と体はつながっている。

絶望している時は、体操をします。

なぜなら、体と心は密接につながっているからです。

 

絶望して心が硬直していると、

身体も硬くなっています。

体操をして体を動かせば、

心も元気に動き出します。

 

体操は、ゆっくり、じっくり、伸ばして、曲げて、

気持ちよく行います。

 

心と体は、相互に関連しています。

体操で体を動かし、気分転換をします。

 

3   体の筋肉をほぐすと、心もほぐれる。

絶望している時、体の筋肉をほぐすと、気分がよくなります。

なぜなら、絶望は、

心身すべてを支配する事はできないからです。

 

絶望状態へは、

筋肉や関節を使った攻撃が有効的です。

1日1回、3~5分間、

ゆっくり呼吸をしながらストレッチをします。

有酸素運動のウォーキングもおすすめです。

 

身体の筋肉をほぐせば、

絶望に支配された心をやわらかくほぐします。

 

4   体操のまとめ

アランの言葉と一緒に、

体操」について解き明かしました。

 

体操をするとは、

  • 心と体はつながっている。
  • 体の筋肉をほぐすと、心もほぐれる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。