困難に立ち向かう、そんなあなたに贈る言葉。

「一度失った機能を

もう一度取り戻すのは大変だね。

一つ一つの動作を見直して、

新しい習慣をつくる、これが大切だね。」

 

限られた資源の中で、目的を達成させるには、

困難が伴います。

では、困難に立ち向かうとはどういうことでしょうか?

 

それは、

  • 全力を出しきって取り組むことの充実感。
  • 強い意志で挑み続ける姿勢が、問題解決に導く。

ことです。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

困難」について解き明かします。

 

1  フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで述べています。

あるかなりむずかしいことに、

自分の全関心、

全注意をそそぎ込んでいる人は、

まったくしあわせである。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』

岩波書店 1998年 198ページより引用

 

2   全力を出しきって取り組むことの充実感。

困難に立ち向うため、

全力を出しきることは、充実感を生み出します。

なぜなら、真剣に困難にむきあうことで、

未開の自分の能力を発掘できるからです。

 

全力を出しる機会は、日常あまり見当たりません。

自分の持っている能力をすみずみまで使うと、

大掃除した時のように、すがすがしい気分になります。

 

また、自分の持っている能力を最大限だそうとすると、

まだ使ったことのない能力を発見し、

さらに、

いつもとは違った使い方を試してみようと思います。

 

困難な課題に全力で取り組むことで、新しい発見があります。

 

3   強い意志で挑み続ける姿勢が、問題解決に導く。

困難に対して、強い意志で挑むことが大切です。

なぜなら、挑み続ける姿が、

周囲にやる気の化学反応を起こさせるからです。

 

自分からやろうと思ってもらうことが重要です。

一人の力では、解決できない事でも

多くの人達が、やる気と力を合わせれば、

人数以上の力を発揮し、

困難な課題を解決します。

 

困難に対して、

強い意志で挑み続ける姿勢が重要です。

 

4   困難のまとめ

アランの言葉と一緒に、

困難」について解き明かしました。

 

困難に立ち向かうこととは、

  • 全力を出しきって取り組むことの充実感。
  • 強い意志で挑み続ける姿勢が、問題解決に導く。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に、

やすらぎを与えますように。