今の職業は適職だろうか?今の仕事を続ける意義。

「今の仕事って、自分に合っているのかな?

仕事をしながら、この疑問をもっている人、

結構いると思うよ。」

 

自分の仕事が適職かどうか迷うことがあります。

もっと自分にあった仕事があるのではないか、

このまま今の仕事を続けていっていいのか悩みます。

では、今の仕事をなぜ続けているのでしょうか?

 

それは、

  • 意識的もしくは無意識に選択した結果である。
  • 仕事を続けていく中で、新しいやりがいがやってくる。

からです。

 

それでは、

フランスの哲学者、アランの言葉と一緒に、

仕事を続ける意義」について解き明かします。

 

1   フランスの哲学者、アランは、『幸福論』のなかで、仕事について述べています。

始めている仕事にはこれからやろうとする動機よりも

ずっと深い意味がある。(中略)どんな仕事であれ、

それを続けなければならない十分な理由なのだ。

だから、きのうの仕事のなかに

自分の意志の確かなしるしを

見出す人はさいわいである。

 

アラン著 神谷幹夫訳 『幸福論』 

岩波書店 1998年 169ページより引用

 

2   意識的もしくは無意識に選択した結果である。

今の仕事は、多くの仕事の中から選択した結果なのです。

なぜなら、労働条件、自分の適性や嗜好を

考慮して決めているからです。

 

例えば、料理を作ることが好きな人は、

食品関連の仕事を選択する確率が高くなります。

意識的もしくは無意識に仕事を選択しています。

 

選択するという意思決定方法を使って、今の仕事が存在します。

 

3    仕事を続けていく中で、新しいやりがいがやってくる。

仕事を継続している中で、新たなやりがいがやってきます。

なぜなら、仕事をはじめた時には、想像していなかった、

想定していなかった、ワクワク感があるからです。

 

仕事に全力で取り組むことで、視野が広がり、

考える力が養われます。

たとえ、希望の部署やプロジェクトにいなくても、

今の仕事をやり遂げることは、

やりがいの肥やしになります。

 

ある一定期間仕事を続けることは、

やりがいを強化します。

 

4    仕事を続ける意義のまとめ

アランの言葉と一緒に、

仕事を続ける意義」について解き明かしました。

 

仕事を続ける意義とは、

  • 意識的もしくは無意識に選択した結果である。
  • 仕事を続けていく中で、新しいやりがいがやってくる。

です。

 

幸福な気持ちが、私達の心に

やすらぎを与えますように。